沿革と発展

CTW Logistics Corporationは専門3PLプロバイダーでございます。国際海運‧空運‧陸運の手配、輸出入通関、貨物引取、コンテナ荷卸、入庫、受注処理、ピッキング、流通加工作業、在庫管理、包装、箱詰め、JIT即時配送と返品処理(静脈物流)など専門的で多様なカスタマイズの物流サービスを提供することにより、お客様にとって最適なサプライチェーンマネジメントモデルの構築、物流コストの削減、全体的に運営パフォーマンスの向上に全力でサポートいたします。

1977年、草創期に建てられた初の倉庫

CTW Logistics Corporationの親会社であるCTW Holdingsは1974年に現任会長の黄仁安により創立されました。最初はトラック・コンテナ輸送業務で起業されましたが、台湾経済環境と産業構成の変化に合わせて、事業転換を行われました。伝統的な倉庫事業から始めて、一歩ずつ現代的な物流センター、それに保税機能付きの国際物流センターに進化し、2012年3月15日にCTW LOGISTICSを設立、同年10月1日CTW Holdingsが親会社となり、傘下の「合通倉運株式会社」がコンテナ運輸サービスを提供し、「晃栄梱包工程株式会社」が梱包サービスを提供しております。

2001年に台湾初の国際物流センター(ILC)を開設。自動倉庫(AS/RS)を導入し保税倉庫サービスを提供。

CTW Logistics Corporationは親会社であるCTW Holdingsの長年蓄積してきた経験を引き継ぐ、多くの「台湾初」の名誉ある記録を打ち立てました。革新的な思惟並びに着実なローカル経験で多元化、高度化、顧客向き及び高付加価値がある物流ソリューションを開発し続けています。CTWは現代的なハード・ソフト設備、先進的な物流技術、柔軟な統合情報システムを運用し、お客様に専門的な物流サービスを提供します。国内外有名な企業のお客様の愛用と評価を得られ、国際級の物流提供者を目指しています。

マイルストーン
2022
楊梅廠、機場物流園區雙廠區同時取得醫療器材GDP與QMS執照
2021
「2021アジア最優秀企業雇用主賞」を受賞。
2020
シンガポールに、関連会社「CTW&CSG Logistics PTE. LTD.」を設立。
2020
APAC Business Headlinesにより最も信頼できる物流パートナーとして評価された。
2019
APAC Business Headlinesの2019年最も信頼できる物流業者トップ10に選ばれた。
2019
Supply Chain Asia Community Ptyにより「Supply Chain Innovation of The Year」を受賞、黃仁安氏に名誉院士を授与。
2018
有名なロボットアーム業者を連携し、3Dビジョンパッケジングロボットを開発。ナショナルジオグラフィックに「透視內幕,打造航空智慧城市」という番組で特別取材された。
2017
台湾初、業者主導の緊急対応防衛チームを組む。
2015
台湾初で台湾最大の3PL危険物倉庫を設立。ハイスペックな消防設備を採用し、最新の危険物保管規制に準拠した多様な定温定湿及びカスタマイズの保管環境を備えている。
2013
Logi-Intelligenceサービスプラットフォームを通じて「サプライチェーン・コントロール・タワー」というコンセプトを実現し、輸出入作業を改善した。国際顧客の満足度や信頼度向上に繋がります。
2012
子会社喜提達物流株式会社を成立。同年10月1日、世聯倉運株式会社は持株会社(CTW Holdings)に転換。
2011
行政院労工委員会から「2011年度安全衛生改善及び工安投資績效優等賞」を受賞。
2010
創業会長黄仁安は物流協会を代表し国際倉庫協会連盟(IFWLA)横浜大会に参加しました。期中、多くのメンバー国に支持された台湾は2011年IFWLA年次大会開催地の資格を取得。
2010
桃園県「長青企業卓越奨」を受賞。
2008
国際物流センターとして台湾初の「公共危険物」貯蔵許可を取得。
2007
高雄国際物流センターを設立。
2007
有名な舞台「 Mamma Mia 」にロジスティクスサービスを提供。
2006
桃園国際空港物流園区を設立、台湾初の「国際物流センター支部」ライセンスを取得。
2006
経済部「物流作業とサービス優良業者奨」を受賞。
2005
倉庫業者として台湾初「防火標章認証」を取得。
2005
創業会長黄仁安は中華民国物流協会の理事長を再任。
2003
衛生署にSARS専用防護服、専用マスクなどの防疫物資の輸送、保管、配送サービスを提供。
2003
国立故宮博物館に「天子の宝」展覧文物の輸送サービスを支援。
2003
創業会長黄仁安は中華民国物流協会理事長を就任。
2001
台湾初「国際物流センター」ライセンスを取得、世聯桃園国際物流センターを設立。
2001
台湾初めてWMSシステム、ASRS自動倉庫を導入する3PL会社。
2000
創業会長黄仁安は台湾物流業界を代表してAPEC(ASIA-PACIFIC ECONOMIC COOPERATION)会議に出席、また「Seminar on Logistics Management」でスピーチを発表。
1998
世聯倉運文教基金会設立、積極的に社会文教ボランティア活動に参加。
1997
新竹物流センター設立
1997
国立歴史博物館には「ゴールデンイメージ-オルセー美術館名作展覧会」名画の運送サービスを提供。
1993
台中物流センター設立。
1993
関係企業晃栄梱包工場台中支社設立、輸出梱包の設計と執行サービスを提供。
1990
「台湾初」特殊ガス専用倉庫—新竹倉庫設立。
1990
「台湾初」エアーサース防振トレーラー及び定温定湿空調コンテナセミトレーラーを導入。芸術品、精密機器、光電、半導体、太陽エネルギーなどの設備の輸送サービスを提供。国立故宮博物館には「ルーブル美術館名画展覧会」の名画運送サービスを提供。
1989
日本株式会社キョーワ・トレッド(現社名:協和貿易株式會社)と合資で関係会社晃榮包裝工程股份有限公司を設立。
1984
楊梅物流センターを設立。
1980
創業会長黄仁安はチャーターメンバーとして、桃園県トラックコンテナ運送商業同業公会を創立。第一、二任の理事長を就任。
1979
高雄物流センターを設立。
1974
楊梅埔心に世聯倉運を創業し、主な業務はコンテナ輸送。